年賀状に添える一言コメントの書き方やポイント9選

年賀状を一円でも安く買う方法 年賀状文例集

年賀状の一言コメント書いていますか?

何も書かずに送るのは味気ないし、手抜きやDMみたい~と思われてしまいます。

それになんといっても、たった一言でも言葉が書いてあるのをみるとうれしいものです!

あなた宛ての年賀状にも、一言あなただけに書かれた言葉が書いてあったらうれしいですよね?

何年か年賀状だけのお付き合いになっていたとしても、思わず顔が浮かんだり、印象深い思い出を思い浮かべたりするもの。

特に今年はコロナ禍で自宅にいることが多かったりした年だったのではないでしょうか?

落ち込んだり、憂鬱な気分になって新しい年になるのも不安…という事もありますよね。

そんなときに一言メッセージがあるだけで新年から元気になれるかもしれません。

でもいざメッセージを書こうと思っても、なんて書いていいのか思いつかない!

書く相手によってもメッセージを変えないといけないので面倒ですよね(-_-;)親戚や友達、会社の上司・同僚やご無沙汰している友人たち…

今回は、年賀状を書く時の添え書きが思い浮かばない!という人の為に一言コメントの書き方やポイント、文例をまとめてみました。

\再印刷保証付きで初心者にもあんしん!/

 

年賀状の一言コメントの書き方がわからない

年賀状何書いていいかわからない

毎年「あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします」

から、何を書いていいかわからないという人は多いもの。

私も毎年悩んでいます・・・

もうこのまま出そうかと思う事もありますが、何も書かないわけにはいきません。

特に社会人のみなさんは、上司や先輩に書かなければいけない場合、手書きのメッセージがないと寂しい感じや手抜き感が出てしまいます。

また、知人なんだけど年賀状しかやり取りがない人宛では、何を書いていいかわからないんじゃないですか?

年賀状を出すのをやめよう!と思っていても、結局相手から届いたら返事を書こうと思うので、また同じことで悩んでしまいます。

そこで、手書きの一言コメントを書くポイントやコツをご紹介したいと思います。

自分の近況や何か始めた事、ハマっている事など
よく思い返して、メモしているとサクサク進みやすいですよ。

一言思いつけば、あとはパターンに分けて量産するだけ!

上司にはこのパターン、同僚や部下はこのパターン、友人はこのパターンと分けておくとこんな感じで分けておくといいですよ。

 

\再印刷保証付きで初心者にもあんしん!/

年賀状で気の利いた一言コメントの書き方やポイント9選

■ポイント①自分の目標について書く

希望

年賀状というのは、書いていることについて返事が来るわけではありません。

目標を書いたとしても、相手が

「へぇ、頑張ろうとしているんだね」

と思ってくれて好印象なのに、必ず達成しなければいけないというわけではないのでハードルが低いです。

たとえば、

  • ダイエットして今年こそは○○キロ痩せたいです!
  • 今年こそ○○したいです!(旅行や資格など)
  • 今年こそは○○という夢を叶えたいです!(家を持ちたいなど)

■ポイント②自分の近況について書く

ヨガをはじめました

日ごろ会う機会のない知人や親戚の人には、自分の近況を書いてみてはどうでしょうか?

自分がもらった時も「へぇ~、そうなんだ」と思うはずです。

報告は一方的でいいので、軽いものから驚くことまで色々あります。

たとえば、

  • 転職しました!
  • 子供ができました!(出産報告も兼ねているので、あまり付き合いのない人向け)
  • 結婚しました!(こちらも親戚だと呼んだ・呼ばれなかったと問題になるので、知人の方がいいと思います)
  • 今年だけで体重が○○キロも増えてしまいました
  • 子供が幼稚園に通い始めました

■ポイント③すでに決まっている予定について書く

今年は引越しをします

新しい年にすでに決まっている予定を伝えてみるのはどうですか?

何かイベントごと、生活に変化がある人向けです。

たとえば

  • ○○月に転職します!
  • 今年は○○月に 引越し予定です!
  • 今年は○月に子供が生まれる予定です!

■ポイント④相手に何か質問してみる

相手に質問してみる

年賀状は一方的なものなので、返事が返ってくるわけではありません。

なので本当に聞きたい事というよりも、ネタ程度や近況はどうですか?

程度の質問にしておきましょう

たとえば、

  • お仕事は大変ですか?
  • 最近どうですか?
  • ○○の調子はどうですか?

■ポイント⑤ハマっている事・物・人について書き薦めてみる

キャンプにハマっています

これも本気で薦めるというよりも、自分がこんなものに興味が今あります。という近況も込めたメッセージです。

たとえば、

  • 現在キャンプにハマっています 一緒にどうですか?
  • 芸能人の○○さんが今好きです (相手)さんは好きですか?
  • 最近「本のタイトル」が面白かったです ぜひ読んでみて下さい

■ポイント⑥相手の健康について気遣う

相手の健康を願う

何にも思いつかないなぁと言う人は、相手を気遣うコメントを書いておきましょう。

たとえば、

  • いかがお過ごしでしょうか?
  • お体を大事にしてください
  • お変わりなくお過ごしでしょうか?

特にコロナウィルスが流行した事で体調管理や健康について過敏になっていましたよね?

そんな事も踏まえて、

  • 自粛生活が続きますが 皆様 お変わりありませんか?
  • 一日も早く落ち着いた生活が戻ってくるといいですね

というコメントもコロナ禍ならではな感じがしませんか?

■ポイント⑦日ごろの感謝を書く

日ごろの感謝を伝える

仕事のつきあいや日常で顔を合わす人なら日ごろの感謝をコメントにしてみてはどうですか?

感謝をされて嫌がる人はいません。

ただ、相手が結婚している場合は、トラブルの元になりかねないので他のコメントを考えたほうがいいです。

たとえば、

  • いつも手伝ってくださってありがとうございます
  • ○○さんの存在が励みです
  • いつも感謝しています

■ポイント⑧幸せを願う一言を書く

相手の幸せを願う

新年ですので、相手の幸せを願っていますよ!というコメントはどうですか?

たとえば、

  • ○○さんにとって 素晴らしい年になりますように
  • 充実した一年になりますように
  • 幸せいっぱいの毎日でありますように

■ポイント⑨何か始めたことについて書く

料理教室に通い始めました

何か自分が新しく始めた事はないですか?

ネット関係や趣味関係、スポーツ関係など色々ありますよ

SNSの場合は、見て欲しいのならアカウントを添えてもいいと思います。

たとえば、

  • インスタはじめました!(アカウント名@)
  • ヨガを始めてみました!
  • 料理教室に通い始めました!

\再印刷保証付きで初心者にもあんしん!/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、年賀状の一言コメントを作るポイントや書き方をご紹介しました。

別にダラダラ長くコメントを書く必要はありません。

短く一言でいいので、メッセージを書く事で自分の印象を良くし、相手に印象付けられますよ。

早め早めに準備して、年末はゆっくり過ごしたいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました