内定先から年賀状が届いた場合の返信マナー、文例集

内定先から年賀状が届いた場合の返信マナー、文例集 年賀状文例集

内定が決まっている人は要チェック!

こちらにたどり着いた人は、新年早々、内定先から年賀状が届いてびっくりしている人かもしれません。

そもそも内定先への年賀状返信は必要なのか?
返信する場合、年賀状の書き方、マナー、
自分が喪中だった場合は、どうすればいい?
松の内を過ぎる場合の対処法、
内定先への年賀状返信文例集、
内定先への寒中見舞い返信文例集をご紹介します。

内定先から年賀状が来た!ど、どうしよう・・・

内定先から年賀状が届いた!

就職活動も終わってホッと一息

自分へのご褒美として旅行、実家に帰って親孝行しよう

と思ってお正月に家に居なかった間にポストを開けたら内定先から年賀状が!

これはかなり焦りますよね。
焦るという事は、当然自分からは内定先へ年賀状を書いていない!

内定先へ年賀状って書いたほうがいい?書き方は決まりは?

内定先からの年賀状には返信をするべき?

内定先への年賀状は返信するべきか?

大きい会社にしても小さな会社にしても、自分の年賀状なんてどうせ返信しても見てくれてないんだろうな。だから書く必要はないかな?

なんて思っていませんか?

たとえ企業規模が大きな会社であっても、地域に密着したような小さな会社でも、自分宛てに年賀状を出してくれたという事は自分を気にしてくれて出してくれたという事・・・

つまり返事が来れば、読まれる可能性がある!

誰だって、ちゃんと返事を書いてくれる人の方が信頼感や安心感がありますよね?

会社だってそうです。

「この人はやっぱりちゃんとした人だった!」
「手を抜かずに返信をしてくれた人だから、仕事もちゃんとしてくれるだろう」

と、返事を書いてくれた人には思ってくれます。

人の印象は、こうしたちょっとした事の積み重ねです。

崩す事は簡単ですが、積み上げていくのは大変。

また社会人歴としては自分のほうが下です。
上の人から年賀状がきたのだから、礼儀として返信は必ずしましょう。

内定先から年賀状が届いた場合の返信マナー

内定先への年賀状返信マナー

いつまでに返信する?

できれば届いてからすぐに返信しましょう。

会社は、三が日を過ぎれば稼動し始めます。

逆を言えば、三が日はポストに投函されるだけなので、3日までに届けば、自分も元旦に届けましたと装えます。

三が日を過ぎた場合は、とにかく返信を急ぎましょう。

できれば気づいたその日に、書き上げて投函する気持ちで仕上げます。

自分は書いていなかった場合はどういう風に返事を書く?

ついつい年賀状をもらってお礼を言いたくもなりますが、

「丁寧なお年始状ありがとうございます」

なんて書かなくて大丈夫。

自分も年内の内に年賀状を書いていましたよ!という感じで書いていきます。

ただし、松の内を過ぎて出す場合は、遅れたことをサラっと詫びる文章を盛り込むといいでしょう。

誰宛に出す?会社宛?人事課宛?社長宛て?

さて、相手側の会社の住所も書き終えてさて宛名・・・と思ったときに

「誰宛に返信すればいいんだろう?」

となるはずです。

届いた年賀状を見てみましょう。

どこから年賀状が来ていますか?
会社名?社長?人事課?それとも人事課の役職がついた人?

年賀状の返信は、頂いた年賀状に書かれていた宛名で書きましょう。

会社名で年賀状が届いた場合は、「株式会社○○ 御中」
社長名で年賀状が届いた場合は、「株式会社○○(改行)取締役社長 ○○ ○○○ 様」
人事課から年賀状が届いた場合は、「株式会社 ○○(改行) 人事部人事課 御中」
人事課の役職がついた人から年賀状が届いた場合は、
「株式会社○○ 人事部人事課(改行)部長 ○○ ○○○ 様」
とします。

間違いやすいポイントとしては、役職名は名前の上に来る点

(○)取締役社長 ○○ ○○○ 様
(×)○○ ○○○ 社長様

役職 + 名前 + 様 の順になるところに気をつけましょう。

1月7日(松の内)を過ぎてからの年賀状返信は「寒中見舞い」

「年賀状」として出せるのは、実は期限が決まっています。

地域によって違いがありますが、概ね1月7日を過ぎてから年賀状の返信をする場合は、「寒中御見舞い」で返信します。

年賀はがきを使うよりも、郵便はがきを使った方が印象がいいのでコンビニや郵便局で入手しましょう。

自分が喪中の場合は、返信はどうする?

喪中の場合は、内定先から年賀状が来たら返信する?

喪中であっても、年賀状を受け取る事には何の違反でもありません。

喪中期間中というのは、「身内に不幸事があったので、新年の挨拶ができないことを詫びる挨拶状」です。

親しい人や、毎年年賀状を頂く相手には前もって喪中はがきで挨拶をしておきますが、まだ入社していない会社ならあなたの事情は知りません。

ビジネスとして割り切って年賀状を会社宛にだけ出すのもいいですし、新年の挨拶をする気分になれない位の身内が亡くなっている場合は寒中見舞いで返信が遅れたことを詫びましょう。

内定先から年賀状が届いた場合の返信文例

1月7日頃(松の内)までに返信できる場合

①謹賀新年
貴社に内定を頂きました ○○大学の○○と申します

新年を迎え いよいよ社会人としての門出を前に
気持ちを新たに4月からは貴社でお世話になります
これからご指導 ご鞭撻の程 よろしくお願いいたします

貴社の御発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

②謹んで新年のお慶びを申し上げます
貴社に内定を頂きました○○大学の○○と申します

新年を迎え 社会人になる日が近づいて参り
緊張感で身が引き締まる思いです

至らぬところも多いかと思いますが 精一杯がんばりますので
ご指導 ご鞭撻の程 よろしくお願いいたします

本年が○○様 はじめ皆様にとりまして
素晴らしき一年でありますよう
心よりお祈り申し上げます

1月7日(松の内)以降に返信する場合

①寒中御見舞い申し上げます
貴社に内定を頂きました○○大学の○○と申します

御丁寧な年賀状を頂きありがとうございました
新年のご挨拶が遅くなり 大変申し訳ございません

4月から貴社の一員として一生懸命精進いたしますので
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

貴社の御発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

②寒中御見舞い申し上げます
貴社に内定を頂きました○○大学の○○と申します

御丁寧な年賀状を頂きありがとうございました
昨年 喪中のため 年頭のご挨拶を控えさせて頂きました

4月から貴社の一員として一生懸命精進いたしますので
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

貴社の御発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、内定先から年賀状が届いた場合の返信マナーや返信のやり方、文例集をご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

最後まで見てくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました