書き損じてしまった年賀はがきはどうすればいい?

年賀状を書いている時に、誰しも経験した事があるはず!
それは「書き間違い」

いくら注意していても人間なので、間違って書いてしまうことはあります。
ただ、年賀状なので修正テープや修正液は使えない

でも大丈夫!年賀状に限らずはがきは、新しいはがきと交換できるんです。

年賀状を書き損じてしまった場合の対処法、
書き損じのはがきを新しいはがきに交換してもらう為の手数料はいくら?
どんなものと交換できるの?
年賀状を買っていたのに、身内に不幸があった場合の対処法
をまとめてみました。

しまった!書き間違えた!ってありませんか?

年賀状書き間違ってしまった

真剣に書いていても年賀状って書き間違えてしまうもの。
どうにか誤魔化そうと思っても、逆に目立ってしまうし
修正テープや修正液を使う事は年始の挨拶状なので
好ましくありません。

でも捨ててしまうにはもったいない・・・

そんな時は、郵便局へ持って行きましょう!

手数料を払えば交換してもらえますよ

年賀状はがきを書き損じてしまった場合に交換する方法

書き損じのはがきを交換してもらう方法

書き損じた年賀状は、郵便局へ行かなければ
交換してもらうことはできません。
ちなみに換金することはできません。

そして素晴らしい事に、交換の有効期限はありません。
現在 郵便はがきの値段は62円ですが、52円時代もありました。
52円のはがきでも手数料さえ払えば交換してもらえます。

書き損じた年賀状と交換できるものは、
郵便局のHPによると以下の通りです。

*通常切手
*くじ引き番号がない郵便はがき
*販売期間中であれば、くじ引き番号付き年賀状
*その他の郵便はがき
*郵便書簡
*レターパック封筒、スマートレター封筒

ただし、手数料を払っても交換できない場合もあります。

書き損じた年賀状の交換手数料はいくら?

書き損じのはがきの交換手数料はいくら?

年賀状に限らず、書き損じたはがきの交換手数料は
「一枚当たり5円」です。

手数料は掛かってしまいますが、
捨てるよりも新しいはがきや切手と交換できます。
くじ引きつきの年賀状の場合は、当選番号発表を待ってから
交換したほうがいいですよ。

もしかすると、当たっているかもしれませんからね

手数料を払っても書き損じの年賀状が交換できない場合ってどんな時?

書き損じのはがきを交換できない場合

書き損じたはがきは、手数料を支払えば交換する事ができると
お伝えしましたが実は例外もあります。

それが「額面の部分に落書き、汚れがある場合」
額面というのは、左上の「62」と赤い切手みたいなイラストが
書いてある部分です。

落書きされて額面に書かれている
両面を間違って印刷してしまい、額面が汚れてしまった

このような場合は、手数料を払っても交換できませんので
注意しておきましょう。

年賀状を用意していたのに、身内に不幸があった場合の対処法

年賀状購入後に身内に不幸があった場合

年賀状を印刷して投函の準備を進めていたのに、
身内の不幸があった場合はどうなるんでしょうか?

交換するのに1枚当たり5円かかるのかというと
なんと無料で交換できます!

身内に不幸があった時は、新年をお祝いすることができなくなるので
手数料は無料で新しいはがきや切手などと交換してくれます。

交換にあたっては、郵便局の窓口で服喪中であるという事を
申請しなければいけません。

郵便局に所定の請求書があるので、そこに請求者の氏名、住所、
亡くなった身内との続柄を記入して提出するだけ。

ただしこの場合は、交換できる期間が決まっています。
服喪中のため年賀状を交換したい場合の申請期間は、
年賀状の発売期間から年が明けて年賀状の販売期間が終わるまで。
概ね1月6日あたりまで対応してくださいますので
早めに申請を行いましょう

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、年賀状を書き損じてしまった場合の対処法について
ご紹介しました。
誰しも経験がある事ですが、あの残念感はなんとも言えませんよね。