喪中はがきは、どうやって買う?どこに売っているの?

今年、身内の方に不幸があった場合は、
いつも年賀状を頂く方に年始をお祝いしない旨の挨拶状「喪中はがき」を
出さなくてはいけません。

でも、喪中はがきは一体どこに売っているんだろうか?
喪中はがきが買える場所や発注できる方法をご紹介します。

身内の不幸ごとは突然やってくる事も・・・

不幸事は突然やってくる

悲しい事に身内の不幸は突然やってきます。

近親者が亡くなった場合、
「新年をお祝いする気分ではないので
年賀状の挨拶を遠慮させていただきます」
という旨を伝える役割をするのが、喪中ハガキです。

前もって喪中ハガキを用意しておくことができないので、
いざという時に

「喪中はがきってどこに売っているの?」

という状態になってしまうかもしれません。
また亡くなっても、年の初めに亡くなった場合
喪中ハガキをすぐに出すわけではないので
いざ用意しなければいけないという段階になって
焦ってしまうかもしれません。

そうならないように、喪中ハガキは一体どこで売られているのかを
チェックしておきましょう。

喪中はがきはいつまでに相手に届けないといけない?

喪中はがきはいつまでに出す?

喪中はがきは、「身内に不幸ごとがあったので、年賀状は送りませんよ~。
そちらも送らないで下さいね」という意味合いの挨拶状です。

相手側が年賀状を投函するまでには、届いていなければいけません。
喪中はがきの受付は、10月中旬頃からされ、遅くても12月上旬までには
相手に届いているようにしましょう。

喪中ハガキは市販で売ってる?発注?郵便局にはないの?

喪中はがきは売られている?どこにある?

喪中はがきが必要になって、さて一体どこに売っているんだろう?
はがきなんだから、郵便局かな?と思って買いに行っても、
郵便局には定型文が入った喪中ハガキしか売られていません。

数量限定で売られているので
時期を逃したら売り切れている可能性があり、
他店で購入するよりも少し割高です。

定型文入りの喪中はがきもいいですが、
亡くなった人・続柄が印刷されないので、
送られた側は
「誰が亡くなったんだろう?」と心配をかけることがあります。

他に郵便局に用意されているのが、
裏面が無地、宛名面の額面に胡蝶蘭が印刷されてあるはがき。

そのほかの方法で喪中はがきを入手する方法は5つ。

①郵便局で喪中はがきにしてもいいシンプルなハガキを購入し印刷。
まず自分で宛名面・表面を印刷できる人・少数作成予定の人は
郵便局で「額面部分(切手部分)に胡蝶蘭が印刷されたはがき」を
投函する枚数分購入します。
切手は買う必要はありません。

後は、文面を考えて、喪中用の画像をフリーサイトなどで入手して
印刷します。

②コンビニ・郵便局で定型文が入った喪中はがきを購入、宛名印刷。
コンビニにも郵便局にも、少量ですが
定型文が入った喪中はがきが売られています。
額面部分に切手代わりのイラストが印刷されている場合は
切手不要で投函できます。
ない場合は、慶弔用の切手を購入して投函。

後は自宅で宛名を記入・印刷して完成です。
ただし、少量入荷なので、必要枚数がそろわない可能性があります。
後は1パックで5枚ほどしか入っていないので、
何十枚単位で必要な場合は割高になってしまいます。

③Amazonや楽天市場などネットショップでも喪中はがきが買える
Amazon楽天市場でも
喪中はがきを購入する事ができます。
一枚から売っているお店や大量購入できるお店もあるので
たくさん枚数が必要な人には便利です。

家に届き次第、宛名を印刷・記入してから投函。

④自分で切手がないはがきを用意して、慶弔用の切手を貼って印刷
額面部分(切手部分)が貼られていないはがきを自分で用意する場合は、
慶弔用の切手を郵便局か郵便局のHPで購入しましょう。
ただしHPからの購入は、1シート単位(1シート100枚)での販売になるので
たくさん必要じゃない人は窓口で購入したほうがいいです。

⑤ネットの喪中はがき作成サイトに依頼する
たくさん喪中はがきが必要な人は、喪中はがき作成サイトを利用した方が楽チンです。
宛名も印刷してくれるし、投函代行もしてくれるサイトがあります。
家で宛名や図柄を印刷していると、
プリンターのインクを消費して、結局は費用面でかさむ問題があります。
喪中はがき作成サイトを利用すれば、インクの消費はありません。

作成する方法も、図柄・文章を選び、住所を入力するだけです。
おすすめなのは、こちらの「挨拶状ドットコム 喪中はがき
喪中はがきの種類だけで120種類あります。
3000円以上で送料無料、12/25まで宛名基本料金・印刷料無料・投函代行も有り。
そういえば!と忘れていた人も、翌営業日出荷なので安心!

↓気になる方はこちらをクリック↓

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、喪中はがきの手配の仕方、はがきの準備方法についてご紹介しました。
まだ喪中はがきをいない人は、急いで手配しましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする