寒中見舞いも出せなかったら余寒お見舞い!書き方、文例集

年賀状の返事を書こう!と思いながら遅れてしまい
寒中見舞いで返事を書こうとしていたら
それも時期を過ぎてしまった・・・

でも大丈夫です!
そんな時には、「余寒見舞い」を送りましょう

余寒見舞いとは?書き方や送る時のマナー、いつからいつまでに出すのか、
はがきは何を使えばいいのか?余寒見舞いの文例集をご紹介します。

寒中見舞いも出せなかった・・・

寒中見舞い出し忘れてしまった!

年賀状を返すつもりが返せず・・・
寒中見舞いがあるじゃないか!と思ったら書く時期を逃した・・・
もうダメだわと思っている方、まだ諦めちゃいけません。

ラストチャンスの余寒見舞いがありますよ!

余寒見舞いとは?

余寒見舞いとは?

余寒見舞いとは、元々は寒い時期に相手の体調や安否を気遣って送られていた季節の挨拶状
最近では、寒中見舞いが送れなかった相手に出すあいさつ状として使われています。

寒中見舞いの無料テンプレートがダウンロードできるサイト10選

寒中お見舞いの書き方・ルール・文例集

余寒見舞いのマナーや送り方

余寒見舞いの書き方やマナー

余寒見舞いはいつからいつまでに送る?

寒中見舞いは1月7日~2月4日頃に送る挨拶状ですが、
余寒見舞いは、2月4日から寒さが続く頃まで送ることができます。

寒さが続く頃までなので、2月下旬頃までと考えていれば大丈夫。

切手やはがきの決まりはある?

余寒見舞いは、寒中見舞いと一緒で送る時のはがきは「年賀はがきを使いません」
余寒見舞いを送る時は、郵便はがきを使います。

余寒見舞いの送り方やマナーは?

相手が喪中だった場合に送ろうとしているのなら、
賀詞やおめでたい言葉は避けましょう。

またいくら自分が年賀状・寒中見舞を書くのを忘れていたからと言って
正直に「書くことを忘れていた」「時期を逃してしまった」
なんて書かないように!

相手を気遣う挨拶状なのに、相手を不快にさせたり怒らせてしまいます。

余寒見舞いの構成

余寒見舞いの構成

余寒見舞いの構成についてご紹介していきます。
大きく分けて6つに分かれていますので
ポイントをしっかりおさえておきましょう。

①季節の挨拶・・・「余寒お見舞い申し上げます」
②時候の挨拶・・・「寒気ことのほか厳しく」や「返事が遅れたことを詫びる一言」
③安否や体調を気遣う挨拶・・・体調を崩していませんか?等
④こちら側の近況報告・・・長くならない程度にこちらの近況報告
⑤結びの挨拶・・・「相手の健康や幸せをお祈りする」「今後の変わらぬおつきあい」
⑥年号・・・平成○○年○月吉日

拝啓・敬具は余寒見舞いでは書かないのが一般的。

余寒見舞いの文例集

誰にでも送れる余寒見舞い文例集

・余寒お見舞い申し上げます
立春とは名ばかりの寒い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか。

春の訪れが待ち遠しいものですね。
暖かくなりましたら、またお目にかかれましたらと思っております。

時節柄、御身お大切に、ますますご健康でご活躍のほどお祈りいたします。

平成○○年○月

・余寒お見舞い申し上げます
立春を過ぎても相変わらず寒い日が続いていますが、
○○様にはいかがお凌ぎかと案じ申し上げております。
私どもはおかげさまで、風邪ひとつひかず、皆元気にしております。

本当の春が待ち遠しい毎日ですが、どうぞお元気で過ごされますよう。

平成○○年○月吉日

返事が遅れたことを詫びる余寒見舞い文例集

・余寒お見舞い申し上げます
ご丁寧なお年始状をいただきましてありがとうございました。
ご挨拶が遅れ申し訳ございません。

時節柄、御身お大切に、ますますご健康でご活躍のほどお祈りいたします。

本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

平成○○年○月

・余寒お見舞い申し上げます
立春とは名ばかりの寒い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか。

ご丁寧なお年始状をいただきましてありがとうございました。
ご挨拶が遅れ申し訳ございません。

余寒厳しき時節ではございますが、何卒ご自愛専一に、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

平成○○年○月吉日

相手が喪中だと知らなかった場合のお詫びの余寒見舞い文例集

・余寒お見舞い申し上げます。

先日はご服喪中とは存じ上げず、年始状を差し上げまして大変失礼いたしました。
お悔やみが遅れたことをお詫び申し上げますとともに、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

寒さ厳しき折柄 あらためてご健勝をお祈り申し上げますとともに、
本年も変わらぬご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます。

平成○○年○○月

自分が喪中だった場合の余寒見舞い文例集

・余寒お見舞い申し上げます。

御丁寧なお年始状をいただきましてありがとうございました。
実は昨年○○月に祖父が他界いたしましたため
年末年始のご挨拶を控えさせていただいておりました。
ご挨拶が遅れ申し訳ございません。

時節柄、御身お大切に、ますますご健康でご活躍のほどお祈りいたします。

平成○○年○○月

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、余寒見舞いの書き方・送り方、マナーと
文例集をご紹介しました。