年賀状を今年限りでやめる方法や断り方は?タイミングってあるの?

年賀状だけの付き合いの人っていますよね?

正直、仕事や家事で忙しい中
これから付き合いが続くのかわからない、もう会うこともないかな
と思っている人に毎年送るのはちょっとなあ・・・
と思っていませんか?

また高齢のお年寄りがいるご家庭は、
本人も書くのがつらそうにしているなぁと思う事があるはずです。

でも年賀状をやめるタイミングがわからない。
いざ辞めるとなると、ふんぎりがつかない
年賀状を送るのをやめるときには、一言書いたほうがいい?
それとも無視?
年賀状を送るのを辞める方法をまとめてみました。

正直、年賀状だけの付き合いになってる人は書くのを終わりにしたい

年賀状だけの付き合いの人はそろそろ送るのやめたい

毎年、年賀状を書くものの「年賀状だけのつきあい」になっている人っていますよね?
正直今年限りで年賀状をやめたいなぁなんて思ってはいるけど
どうすればいいんだろう?と思った事はありませんか?

それとも返事を書かずに無視するのもあり?

高齢である事を理由に年賀状を終わりにしたいというのは
書きやすいものですが、他の理由はどのような対応をすればいいのでしょう?

逆に考えてみれば、相手ももしかして年賀状を辞めるタイミングを
見計らっているのかもしれません。
相手にとっても、自分にとっても良いきっかけになるかもしれませんよ。

年賀状を断るタイミングってあるの?

年賀状を辞めるタイミングとは

中々年賀状を断るタイミングが難しいという人もいますよね?
でも年賀状を書いている時に、

「この人から来年来なかったら・・・」
「もうそろそろ年賀状辞めたいなぁ」
「年賀状書くのが大変・・・」

そう思ってきたときが、年賀状の辞め時です。
年末で忙しい時期ですから、本当に挨拶をしたい相手に
年賀状は書きたいですもんね。

自然消滅?無視?欠礼状を出す?年賀状を辞める時は挨拶は必要?

年賀状を送ることを辞めるのに挨拶はいる?

まず大事なのは、年賀状を書く予定のリストを用意します。
サラッと簡単に書いたもので十分です。

それを3つのグループに分類していきます。
①年賀状だけの付き合いでもう何年も会っていない。
関係が切れてしまっても、もう会うこともないだろうし
縁が切れてしまっても全く不都合はない。

②年賀状だけの付き合いだけど、縁が全く切れてしまうのは残念。
これからも会う可能性がある。
高齢が理由で、年賀状が届いた人全てに関して返事を書く予定がない。

③お世話になってありがとう!これからもよろしくと心から言える。
この先も縁が繋がっていてほしいし、仲良くして欲しい。
現在繋がりがある会社の上司や知人たち。

分けましたか?
私の場合は、①の部類が多かったです。
次いで②→③。
私は③の人には、年賀状を書きたいので③の人宛には
年賀状を書きました。

まず①の部類に分けた人達ですが、残念ながら年賀状が届いたとしても
こちらから返事は書かず無視します。
1.2年は相手から年賀状が届くかもしれませんが、無視します。
ここで返事を書いてしまっては、結局また続いてしまいます。

続いて②の部類に分けた人達の対応です。
このグループに分けた人は、縁が本当に切れてしまうのは何となく惜しい。
これからも会う可能性がある。
高齢を理由に年賀状を辞めたい
相手に余計な詮索や心配をされたくないという場合。

まず年内に②のグループの人には年賀状を書きません。
年賀状が届いたら相手に
「今年限りで年賀状を辞めさせていただきます」
という返事を「寒中見舞い」で書きます。

高齢者の場合、ちゃんと断りの返事を書く理由は
「相手に何かあったのかな?」
「入院したのかしら?」「ご家族と同居したのかな?」
「ひょっとして亡くなったのかな?」と心配させてしまいます。
新年早々相手にそんな心配をかけるのは心苦しいし、
電話が掛かってきても面倒ですからね(^_^;)

そして③のグループの人には通常通り
元旦に間に合うように年賀状を書きます。

相手を傷つけずに年賀状を今年限りでやめる文例集

年賀状を今年限りで辞めたいと思ったときに、
3グループにも分けて辞めたい相手、書き続けたい相手に分けたら
分類②の相手に対して「寒中見舞い」で断りの挨拶状を書きます。

ポイントは「みんなに書かない」という事です。
私だけ?と思われると、逆恨みされたり、悲しい気持ちになったりするかもしれません。
でも、「みんなに対して同じ対応」であるということを書けば
相手も納得しやすいはずです。

*高齢を理由に年賀状をやめる文例集

寒中御見舞い申し上げます
このたびは丁寧な年賀状をいただきまして ありがとうございます

私も高齢となり 寄る年波には勝てずめっきり体力が衰えてきました
誠に申し訳ございませんが どなた様にも年賀状は
今年限りとさせていただくことにしました
これからも皆様のご健康を 心よりお祈り申し上げます

寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。

*友人、知人宛てに年賀状を今年限りでやめることを伝える文例集

寒中御見舞い申し上げます
このたびは丁寧な年賀状をいただきまして ありがとうございます
新年のご挨拶が遅くなり 申し訳ありません

本年をもちまして どなた様にも年始のご挨拶状を
ご遠慮させていただこうと考えております
どうか悪しからず御了承いただけますようお願い申し上げます

これからも皆様のご健康を 心よりお祈り申し上げます

寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、年賀状を今年限りでやめる方法と文例をご紹介しました。