あえてアナログ!年賀状を出すメリット・デメリットとは?

年賀状を出す事は個人の自由です。
出すのも自由だし、出さないのも自由。

でもあえて年賀状を出す事のメリットとデメリットを
考えた時にどんな事がわかるのでしょうか?

今まで年賀状を当然の用に出していた人も、
「この人は今年はやめておこうか・・・」
出していなかった人は
「そういう事なら今年は出してみようか・・・」
となるかもしれません。

何事もメリット・デメリットを考える事は
打算的と思う人もいるかもしれませんが、
年賀状は日本の文化。

何でもデジタルになっていく世の中で
アナログで年賀状を出す意味を考えてみました。

あなたは年賀状出す派?出さない派?来たら出す派?

年賀状出す?出さない?

年賀状って毎年ちゃんと出していますか?

上司や付き合いのある友人、年賀状だけの付き合いの知人、
親戚、恩師、習い事関係の人、お客、取引先の相手・・・
年賀状を出す相手って、けっこう広く多いもの。

当然、年賀状を書いて送るのが楽しくて毎年わくわくしている人や
送ること自体をもう辞めたいと感じている人、
来たら自分も出そうというスタンスの人、
色々います。

SNSで簡単に新年の挨拶もできるこの時代に
あえてアナログな「はがき」というアイテムを使って
あいさつ状を出す事のどこにメリット・デメリットがあるのでしょうか?

考えてみると「そうか!そういう風にも考えられるな」と思ったり
「相手が実はそんな風に思っている可能性があるのか」と思う事も。

年賀状を出すメリットは?

年賀状を書くメリット

年賀状を送るメリットは何かと考えた時に思いつくのが

*きちんとお世話になった人や親戚に新年の挨拶ができる
*手作り、手書きの感じがほっこりする
*新年早々、笑える年賀状で楽しい気持ちになる
*メールやLINEの時代にあえてアナログな年賀状に風情を感じる
*相手の近況を知る事ができる
*年賀状だけの付き合いでも繋がっている感じがする
*自分宛てにこんだけの人が書いてくれたのかと嬉しくなる
*自分にはこんなに付き合いがある人がいるんだと再確認できる
*仕事関係との年賀状やり取りは信頼感にも繋がる
*住所録としても役立つ
*あわよくばお年玉付き年賀はがきが当たってる!

と、こんな感じでしょうか?

めんどくさく感じる事もありますが、
個人的には、年賀状って作って送るのが楽しいので
だいたい3つのグループ(仕事関係・友人・親戚)に分けて
それぞれ図柄や写真を変えて作成しています。

年賀状を出すデメリットは?

年賀状を出すデメリット

さて、メリットがある反面、年賀状を送る・書くデメリットは何か?

*年賀状を買いに行くのがめんどくさい
*年賀状を買うのにお金が掛かる
*印刷して、さらに手書きでコメントを書くのに時間が掛かる
*しばらく会っていない相手に送る時は何を書くのかが本当に困る
*相手によって、図柄を変えたりするのが大変
*相手に失礼な書き方をしていたらと不安な面がある
*年賀状だけの付き合いだから、そろそろ送るのを辞めたいのに辞め時がない
*印刷だけでコメントがない年賀状が来たら寂しくなる
*毎年届いた年賀状の整理がダルイ
*溜まる年賀状を処分するタイミングがわからない

年賀状あるあるな感じの部分もあるんじゃないでしょうか?
総合的に見て、デメリットの部分は、
「めんどくさい」っていうのがメイン。

SNSでいくら挨拶するのが楽チンになったからと言って、
「めんどう」で片付ける人は、結局SNSで挨拶するのも
面倒に感じるものなんですよね笑

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、年賀状を送るメリットとデメリットについて
まとめてみました。

新たな発見や、見直したい部分があったでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする