これで間に合う!?年賀状を時短作成するコツ

年賀状って年末の忙しい時間を、更に忙しくしてしまう作業ですよね?
どうにかして、年賀状を作るのを時短できないだろうか?

子育て中や仕事でゆっくり年賀状作成の時間が取れない、
できるだけ手早く年賀状を仕上げたい人に、
年賀状を時短する方法をまとめてみました。

時間がない!でも年賀状を作成しないと!

年賀状早く書かなくちゃー!

年賀状ってけっこう時間が掛かる作業ですよね。
年末になると、「年賀状書かなきゃ・・・」というのが
お決まりの会話になっています。

ただ、年賀状っていざ作り始めると
*年賀状を逆に印刷してしまった
*宛名面と表面を間違えて印刷してしまった
*プリンターが故障した!
*インクが肝心なところで切れた!
*ハガキが足りなくなった!
と自分のミスながら、毎年泣けるような事件が
年賀状作成中に起きてしまうものです。

これではせっかく早く取り掛かったとしても
やる気がなくなってしまうもの。
切羽詰っている人なんかは更に余裕がなくなってしまいますよね。

どうにかして年賀状作成も時短できないだろうか?

どうにかして早く年賀状を書き上げたい

時間がない社会人や子育て中のママ、夫婦共働きで旦那が全く年賀状作成を
手伝ってくれない!という人は、
いかにして年賀状作成を手早く終わらせるかというのが
課題になってきます。

そこで、年賀状を時短作成する方法をまとめてみました。

年賀状を早く書く方法を考えてみた

*余白が少ない印刷済みの年賀状を買ってきて関係性ごとに分類→作成
とりあえず時間が無いので、市販の年賀状を探しに行き
余白の少ない年賀状を3パターンほど用意します。

①仕事関係のお堅いイラスト年賀状
②親戚にちょっとおしゃれな年賀状
③友人に可愛い年賀状
程度でいいです。

持ち帰った年賀状に、一言文例を文例集から選びます。
このときも①②③パターンの3種類の一言メッセージを選びます。

後は余白に、一言コメントを書いていく。
書き終わったら、ひたすら宛名を印刷する。
少々時間が掛かってしまうので、少ない枚数向けです。

*空き時間にスマホで年賀状を作成する
朝の通勤時間やちょっとした空き時間にスマホで年賀状を作成していきます。
スマホで年賀状を作るなら「はがきデザインキット」のアプリがおすすめです。
(ネット版もあるので、PCで無料作成したいという人も作れます)
無料なのに、テンプレートが100種類以上あって、
操作も簡単です。

テンプレートがあるので、後は選んで当てはめていき、宛名を入力するだけです。

印刷は自宅・コンビニでできるので、プリンターがない人でも作成できます。

空き時間に少しずつ作成していく方法なので、
朝の時間や空いている時間を有効的に使えます。

~しまうま年賀状~

しまうま年賀状2018 スマホ写真で簡単注文

しまうま年賀状2018 スマホ写真で簡単注文
無料
posted with アプリーチ

24:00までに注文が完了すれば、翌日には発送してくれる「しまうま年賀状」アプリ
書き忘れていた場合や送り忘れていたなどの時に便利ですね。

~はがきデザインキット2018~

はがきデザインキット2018 年賀状を簡単印刷

はがきデザインキット2018 年賀状を簡単印刷
無料
posted with アプリーチ

私も何度もお世話になった「はがきデザインキット」
日本郵便が作っているアプリになります。
Twitterやメールアドレスしか知らなくても、年賀状が送れちゃいます。
送り先に指定して注文すると、相手に通知がいくので、
相手に住所を入力してもらうと年賀状が届く仕組みになっています。

*宛名面も代行投函も全てお願いしたい!
時間がない!宛名もポストへの投函代行もすべてお願いしたい!
という人には、

挨拶状ドットコム年賀本舗がおすすめ



挨拶状ドットコムは、選べる図柄は1000種類
最短の納期は2営業日なので、急いでいる人向け。
(ただし年末は混み合うことが予想されるので、早めに発注した方がいいです)

送料は3000円以上で通常国内一律324円なのが無料です。
1/4までなのでお早めに!



年賀本舗は、選べる図柄が1137種類
送料は無料です。
宛名印刷・ポスト投函代行もしてくれます。
さらに年賀はがきが1枚45円なので、他の年賀状代行作成のサイトよりも
安くなっています。
大量にお願いしたいときには、一枚当たりの値段はできるだけ抑えたいものですよね。

会員登録をすると12/8まで30%OFFなので、
お見逃し無く!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は年賀状を時短作成する方法をご紹介しました。
時短作成するためには、
まず年賀状購入枚数の確認、宛先データの更新・入力が必須です。

時短するのには、事前の準備が大事なので
余力がある時に少しずつでも年賀状作成の準備を進めましょう。