2019年の年賀はがき発売日はいつ?どんな種類があるの?

今年も残すところわずか。
実はすでに発売開始となった年賀はがきがあります。

2019年の年賀はがきで注目の図柄は何?いつから発売されるの?どんな種類がある?値段は?という事についてご紹介していきます。

2018年度もあともう2ヶ月

年賀状2019

早いもので2018年も後残すところ2ヶ月となりました。

この時期になると思い出すのが「年賀状」「年賀はがき」です。

まだ早いでしょ~!と思うかもしれませんが、2019年の年賀はがきの図柄の1種である「東京2020大会寄附金付き年賀はがき」はすでに発売済みです。

他の年賀はがきの発売日や2019年度はどんな種類の年賀はがきが発売されるのでしょうか?

東京2020大会寄附金付き年賀はがきは「発売済み」です!

まだまだ年賀はがきは買わなくていい、そもそもまだ発売してないでしょ?

と思うかもしれませんが、実はある図柄の年賀はがきのみ発売済みなんです。

それが「東京2020大会[寄附金付]年賀はがき」

この年賀はがきについては、2018年10月1日~発売が開始されています

その外の一般的な年賀はがきは11月1日からの販売になります。

東京2020大会[寄附金付]年賀はがきはどんな種類が発売される?

東京2020大会[寄附金付]年賀はがきは全部で3種類発売されます。

①東京2020大会[寄附金付]年賀はがき 無地(インクジェット紙) 67円
宛名面の切手額面の下に東京2020大会の公式マスコットキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」が描かれています。

裏面は無地となっています。

②東京2020大会[寄附金付]年賀はがき 絵入り 67円
宛名面の切手額面の下に東京2020大会の公式エンブレムマークが描かれています。

裏面には東京2020大会の公式マスコットキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」が描かれています。

③東京2020大会[寄附金付]年賀はがき 特殊印刷 67円
表面は東京2020大会[寄附金付]年賀はがき 絵入りと同じで公式エンブレムマークが描かれています。

裏面は一面に東京2020大会の公式マスコットキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」が描かれています。

最後の特殊印刷のみ限定で100万枚の販売のため事前申込による購入はできません。

3種類ともに寄附金額は1枚につき5円。

その他の年賀はがきの販売は2018年11月1日

東京2020大会[寄附金付]年賀はがきのみ発売が早く10月1日から販売されますが、一般的な年賀はがきの発売日は”2018年11月1日(木)~”となります。

コチラで販売される種類は、7種

①スヌーピー年賀 (インクジェット紙) 62円
宛名面の切手額面の下にスヌーピーのイラストが描かれています。

裏面は無地。

②ディズニー年賀 (インクジェット紙) 62円
宛名面の切手額面の下にミッキーとミニーのイラストが描かれています。

裏面は無地。

③絵入り[寄附金付]いのしし 67円
宛名面の切手額面には2019年の干支である[亥]が描かれています。

裏面は上司や目上の人へ送るのにぴったりのイラストが入っています。

寄附金額は1枚につき5円

④無地 62円

⑤無地(くぼみ入り) 62円

⑥無地(インクジェット紙) 62円

⑦無地(インクジェット写真用) 72円
私の場合は、身近な人や親戚にはこの写真用の年賀はがきを使って自分で印刷して送っています。
少々他の年賀状よりも高いのがネックですが・・・

喪中用の欠礼状向けは2種販売されます!

また今年度にご家族やご親戚でお亡くなりになった方がいる場合は、喪中欠礼状を送らなければいけません。

①通常はがき 無地 62円
宛名面の切手額面には胡蝶蘭が印刷されます。
裏面は無地。

②通常はがき インクジェット紙 62円
宛名面の切手額面には胡蝶蘭が印刷されます。
裏面はインクジェット紙。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、2019年の年賀はがき発売日や種類などについてご紹介しました。

東京2020大会寄附金付きの年賀状ももうすでに発売されているのでぜひ参考にしてみてください。

最後まで見てくださってありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする