年賀状で出産報告をする場合のマナーと文例集

今年、新しい家族が増えた人は、
年賀状で出産報告をしたいと思っていますよね?

でも年賀状で出産報告をするときには、守らなければいけない決まりや
マナーがあります。

またどんな文面で送ったらいいのかわからないという人の為に
年賀状で出産報告をするときの文例集をまとめてみました。

親しい人以外には年賀状で出産報告を兼ねるのも有り!

年賀状で出産報告をする場合

自分の近しい人には、赤ちゃんが生まれた時にすぐにメールや
出産報告で赤ちゃんの誕生を知らせたと思います。

でも、そこまで親しくない人、年賀状だけの付き合いの人なら
年賀状で出産報告を兼ねる人も多くなってきました。

あまり親しくないのに、わざわざ出産報告を送るのは
出産祝いを貰いたい様に見えてしまうのでいやだから
という理由もありますよね。

ただ、年賀状で出産報告をする時にも
配慮しておきたいマナーがあります。

年賀状で出産報告をする時のマナー

年賀状で出産報告をするときのマナー

*独身、夫婦だけの世帯、離婚したばかりの人には図柄に注意
年賀状には色々なデザインがありますが、
出産報告を兼ねる場合は、赤ちゃんの写真をメインに
配置した図柄を選びたくなります。

ただ、赤ちゃんがいる世帯には送っても問題はありませんが、
独身の人、夫婦だけの世帯、離婚したばかりの人に
赤ちゃんの写真が大きく印刷された年賀状を送るのは辞めておいた方が
無難です。

赤ちゃん待ちをしているのかもしれないし、
流産してしまったばかりかもしれません。
ナイーブな話題なだけに、人にはあまり知らせないことなので
こちら側としてはわからない事ですが、
自分が知らないうちに相手を傷つけていることもあります。

こういった場合には、十二支のイラストが書いてある図柄や
赤ちゃんが載っていても小さな写真を選ぶほうがいいでしょう。

*出産報告が遅れてしまった知人宛には詫びを入れる
親しい人宛でも、出産してすぐだったり、
出産後に何かトラブルがあって、出産報告が遅れていたのなら
年賀状で報告が遅れてしまった事をお詫びしましょう。

親しいはずなのに、何にも言ってくれなかった・・・
と相手にとってはシコリが残る年賀状になってしまいます。

*主役は新年の挨拶である事を忘れない
いくら赤ちゃんが生まれて嬉しいからと言って、
年賀状のメインは新年の挨拶です。

赤ちゃん誕生の報告は、付け加える程度にして
新年の挨拶と今後もよろしくお願いしますという旨が
あくまでもメインであるように構成を考えます。

年賀状で出産報告を兼ねる場合の一言文例集

*簡単に一言
我が家に新しい家族が仲間入りしました
名前は○○で可愛い女の子です
今年もよろしくお願いいたします

*赤ちゃんの情報を入れた一言
我が家に新しい家族が加わりました
○月○日生まれの男の子です
名前は○○といいます
これからもよろしくお願いいたします

*また遊びたいなと思っている知人に一言
○○月○日に(長男・長女)が生まれました
名前は○○です
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください
今年もよろしくお願いいたします

*近況を兼ねた一言
○月○日に○○が生まれました
初めての子育てで 日々奮闘しています
今年もよろしくお願いいたします

*報告が遅くなって詫びの一言を加えてみる
報告が遅くなってしまい申しわけありません
昨年○月○日に長男が生まれました
名前は○○です
お近くに起こしの際は、ぜひお立ち寄りください
今後とも親子共々よろしくお願いいたします

*上司宛に一言
昨年○月○日に第一子を授かり 益々仕事にも精進していく所存です
本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、年賀状に出産報告を兼ねる場合のマナーと一言メッセージの文例集を
ご紹介しました。